リブロガー達の爛れた休日
宮城の被災地のあたりのデリヘルのサイトで出勤情報のところをみたら「現在ありません」ってなってて、お客様の声って掲示板が「○○ちゃん無事ですか?」っていうので埋まってて、キャストのブログが「無事です」って記事だったからみんな大変だなあっておもったそうです
さっき聞いた話 (via llena)
"乙武に手足生やしただけ"みたいな大学生、嫌い過ぎる
知り合いの神主さんが「最近、うちの神社に普段より多くの人が足を運んでくれるんだけど、みんなスマホを見ていて、参拝をするわけでも、写真を撮るわけでもなく、手水舎や石碑の前をただウロウロしていて怖い(´;ω;`)」と話していて、すまん、それ完全にIngressや。
ipscell:

Newgame!一巻

ipscell:

Newgame!一巻


Niko Yazawa | Love Live! School Idol Project

Niko Yazawa | Love Live! School Idol Project

tkr:

豪邸を、得体の知れないかわいい生き物が支えていた。
aurorae:

2014091801 (by JiangNan Dream)

aurorae:

2014091801 (by JiangNan Dream)

もし僕の知り合いから「タトゥを入れようかどうか迷っている」と相談された場合、僕は


「やめておいた方がいいと思う」


と言います。


ただ、その理由は、世間体とかそういうことではなくて、



● 人間の本質は「変化」であって、タトゥとは合わない



と思ったからなんですね。


そもそも最初にタトゥを入れようと考えたときは、人の死に接して「その気持ちを忘れないように」という意味がありました。


しかし、人間というのは、毎日細胞も入れ替わるし、気分も考え方も、「変化」していくものです。

その変化の中に、「変わらないもの」を刻んでしまうということは、色々と齟齬が生じるというか、

たとえば、最近の僕は仕事のモチベーションすごく高まっているのですが、その理由は、色んなジャンルの仕事をしたことで刺激を受け、新たに作りたい作品がたくさん生まれているからであって、


「人は死ぬ存在だから頑張りたい」という「感情」とは違う部分で頑張れています。


やはり、人間の本質は「変化」であり、感情も、考え方も常に変化していくものであり、


ある瞬間の感情や思想を固定する「タトゥ」は合わないんじゃないかと思いました。

タトゥを入れてみました|水野敬也オフィシャルブログ「ウケる日記」Powered by Ameba

これ凄い説得力有るよ!
でもタトゥ入れてる大半の人にはこの論理が理解出来ない気もするが

(via irregular-expression)

タトゥは多くの人の場合はファッションとして入れているんだと思うけど、問題は消せないことであり、つまり10年後になっても10年前に流行ったファッションを常に身につけ続けなければならないってことだと思うよ。それ大丈夫? きつくない?

1年位で跡を残さず消えるタトゥとかあれば需要がありそうだけどねえ。

(via yoosee)

ボディーペイントしよーぜー

(via bgnori)

なんとか細胞とか研究が進めば解決するんじゃね?

どうも人は30歳を過ぎたあたりから、「部下や、若いヤツ、サービス業の人は叩いていい」と思うようになる